総領事からの新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2019年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますことをお祈り申し上げます。

昨年は、アグン山の断続的な噴火やロンボク島北部における大地震など、当館の管轄地域におきましても多くの自然災害が発生しました。被災者の皆様に改めて心からお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。またこの機会に、被災者の皆様への様々な支援活動を行われたバリ日本人会、NTB日本人会をはじめとする在留邦人の皆様方に心より敬意と感謝の念を申し上げます。

昨年はまた、日本とインドネシアの国交樹立60周年という記念すべき年でした。これに併せ60周年を祝うべく様々な記念事業が開催されました。当館の管轄地域においても40件を超える記念事業が行われました。これらの活動・事業を通じて、両国および両国民の間の友好と信頼の関係がいかに深くかつ強いものであるかを改めて感じることが出来たのではないかと思います。事業の企画・運営に当たられ、また協力・支援をしてくださいました多くの団体・個人の皆様方に心より感謝申し上げます。

日本とインドネシア両国の今日の素晴らしい友好協力関係は、我々の先達達の長年に亘る弛みない努力によって築き上げられてきたものであります。その功績と尽力に思いを馳せ感謝するとともに、両国の未来に向けた更なる関係の発展を次代を担う若い世代にしっかりと引き継いでいきたいものだと思います。皆様方の引き続いてのご協力をお願いいたします。

2019年春には今上天皇陛下がご退位され皇太子殿下が新天皇としてご即位されます。わが国は平成から新しい御代へと大きな時代の転換を迎えることとなります。
皆様およびご家族の皆様にとりましても、この一年が健康で実り多い素晴らしい年となりますことをお祈りいたします。また、日本とインドネシア両国民の友好関係が更に深まり、当地における日本コミュニティーと地元コミュニティーとの協力関係が更に促進されることをお祈りいたします。

総領事館としても、皆様のご意見を大切に伺いながら日々の業務の遂行に引き続き最善の努力をして参る所存ですので、変わらぬご支援とご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

平成31年元旦
在デンパサール日本国総領事館
総領事  千葉広久